最新情報をゲットせよ

FXトレーダーに欠かせないのは、為替レートを動かす要因である最新情報を如何に早く入手できるかです。

為替レートを動かすものには、その国が発表する経済指標や政策金利の発表などがありますが、テレビなどのマスメディアからでは、遅いということを知っていましたか?

FXトレードの決め手は決裁タイミングに出遅れないことですから、いち早く最新の情報を得られなければならないのです。

FX会社の為替ニュースってサイト上で見たことありませんか?

FX会社によっては、最新の為替レートの動きや国が発表する経済指標や政策金利のニュースを瞬時提供しているところもあるので、そこを利用しないとFXトレードはやっていけないのです。

そして今週末の日経平均株価は、2万1,660.28円・前日比-26.82円となりました。

トランプ大統領のツイートが発端となり、ロシアとアメリカの関係が更にギクシャクとなりました。そのためリスクを避ける目的として売りが出た形となりました。

政治状況を考えたら、ドル円はもっと下がっても良いはずです。日本側も加計学園問題で政治が揺らいでおり、呑気に構えている場合ではありません。

でもドル円は106円後半で落ち着いています。ただ警戒はあるのか、107円までには伸びきれていません。

一方ユーロドルはと言うと、前日のNY時間と価格はほとんど変わりなし。1.23ドル半ばを推移しています。

ドル円とユーロドルがあまり動かないのは、材料らしい材料がないのが正直な所ではあります。

ただそれでも、落ち着き過ぎでしょ!