好きこそ物の上手なれ

簡単にできそうだと思って始めたFXが、あまり旨く行かない。そんな時には、自分が向いているかを考えると次の展開への糸口が見つかるかも知れないと思ったのです。

「好きこそ物の上手なれ」という諺がありますが、「好き」であることは、やっていく上での第一条件です。レート変動を追い掛けているときはワクワクするので、FXへの興味は大きくて好きなことは確かなようです。

FXに向いている条件としては、「何事にもマメである性格」があります。私としては、仕事面で言うと「報・連・相」はマメにできている方だと思いますので、マメさはあると回りからも評価されていますね。マメな性格な自分ですから、FXをするにあたっては、トレード記録や値動きの動向さらには情報収集もマメにやれれいます。

毎日帰ってきたらパソコンを立ち上げて、その日のレート変動をチェック。これは欠かせなくやっています。自分がFXに向いているかの自己評価では、マメな性格は十分に備えていると言えるでしょう。

何事も「我慢強い」は、良い結果へ結びついていきますよね。ちょっとしたことで、すぐに腹を立てる人っていますが、我慢が足りないのではないでしょうか。FXをする上でも我慢強く頑張ると良い結果が得られそうです。

ここがエントリーチャンスだと思ったのに予測に反した動き。こうなると冷静さを欠いてしまうのは、ありうることです。それは自分のFXでもよくあることで、何かの弾みでレートが大きく変動した場合など冷静な判断が遅れてしまって、それが損失に繋がることってあります。

FXをするときに必要なのは我慢強さ。「本当にここで買って良いのだろうか?」とエントリー前に自問自答することは、質の高いトレードで良い結果への条件です。間違っても、すべての値動きで利益を上げてやろうなんて思うのはよくありません。

私のFXはどうかというとチャンス到来を待ちきれなくてエントリー。それはよくなくて、獲物が来るのをじっと待っているライオンのような辛抱強さが必要なのです。

マネー経済とレバレッジ

お金は何のために必要かというと、答えは物を買うとか何らかのサービスを受けるときとなってきます。これは実物を動かしているので、実物経済と言われているのです。

国の経済状況を表す数値にGDP=国内総生産やCPI=消費者物価指数などがあって、逐次ニュースなどで報じられていますよね。この数値は、そのときの実物経済状態そのものを表しているのです。

でも実物経済以外にマネー経済があって、株式やFXなどがそれです。そして今の世界経済は、実物経済よりはマネー経済の方がお金の流れを作っています。

為替を売買するFXは、誰でも簡単にできるマネー経済で、実物経済とリンクしながら動いています。為替が変動する要因の多くは、実物経済との絡みからです。でもマネー経済独自の動きもするので、FXは難しいのです。

さらに少ない資金でも大きく稼げるのがFXです。それはレバレッジという掛け金を膨らませられるシステムがあるからです。今はレバレッジは規制されて25倍までですが、もっと高いレバレッジの時代があって、本当に旨く当たれば大金を手にできるチャンスを摑めた人もいたのでした。

でもレバレッジとはリスクの大きいシステムで、少ない資金で大きくレバレッジを掛けてトレードをすると予測どおりに行けば良いのですが、FXの勝率は低いので、多くの場合は直ぐにロスカットされてしまう結果になります。

ロスカットされると少ない資金の証拠金てもなくなってしまいます。次のトレードをするためには、たとえ僅かな額といっても、新しく証拠金を新しく足さなければなりません。少ない証拠金を生かしていくには、高いレバレッジでは難しくなってくるのです。