証拠金の管理術

「お金は運用次第で、増やすことが可能」なんて考えて見ませんか。

かっては、銀行預金が一番堅実なマネー運用術でしたよね。今でも不動産投資もやり方次第では、お金を増やせます。

土地の価格が上がりそうな場所を探して、その場所の不動産を取得。上がったところで売却。これが不動産投資の基本です。でも今はそれも難しくなって来ています。

次にお金を増やすには投資という手段がありますよね。これも価値が上がると見込んだ為替を買って置おくと利益を弾き出せます。そこで投資のFXですが、少ない資金でもできるということは、利益幅を大きく望んではいけません。

ですから少しずつでも証拠金は増えて行かないとFXはできません。増えた分は次の投資に使えますからね。ですから上手にFXをするには、証拠金の管理術がしっかりしてないとだめ。早い話、証拠金の何パーセントまで損失で食い止めるか、エントリー前に決めておくことが肝心です。

それはFX会社は、投資家から預かった証拠金の枠内でしか為替の売買を扱ってくれないのです。それは当然ですよね。

もし証拠金を超えた分まで扱っているとトレーダーが返せないなんて事態になると大変です。さらにトレーダー側としては、証拠金の何パーセントを割り切ったところで、FX会社からロスカット予告の連絡は大切です。

FXをやっていて証拠金がなくなったら大変で、もうそれ以上のトレードができませんからね。でも、まれにあるFXのトラブルは急激なレート変動です。

そしてロスカット報告が間に合わない時があります。自動ロスカットを依頼していれば良いのでが、そうでないと証拠金以上の損失は後で支払わなければならないのです。こんなトラブルはぜったいに避けなければなりません。

ですのである程度余裕をもった証拠金と何パーセントまで損失OKなのかを事前にちゃんと確認しておきましょう!!