為替と群集心理

テレビで1日に何回も報じられているのが、株式市況や為替動向。経済状況を表しているので、重要度の高い情報だからです。ちなみに株価や為替は、何かの弾みで一度動き出すとどんどんとスピードを上げていく傾向があります。

でもFXトレーダーは、それに釣られた売買では、自分のところに利益は転がり込んできません。

何故かってFXとは、皆が同時に利益を出せるものではないからです。誰かの利益は、誰かの損失で埋められているので、皆と同じようにしていては利益はでません。

勿論逆の動きをすると損失はもっと膨らんでいきます。FXって要は、為替の動いていくタイミングを旨く摑めた売買ができると美味しいところを自分の所へ持って来れるからです。

さらに為替がファンダメンタルな要因で動くのはお分かりですよね。仮にアメリカ経済今後良くなるという要因が出てくると、早めに米ドルを買っておいて、上がったところで売ろうと考える人がでてきます。

そうすると為替は少しずつ動き始めます。そして一度動き出すと何かに取り付かれたようにどんどん動いていくものです。その何かとは群集心理が動かしていると考えると旨くあてはまります。

自分ではそんなに大きく為替を動かす程強いファンダメンタルな要因でないと考えていても、自分も乗り遅れてはいけないという不安感が起こってきます。

自分がそうであれば多くの人が同じように考えますから、動きが膨らんでいって群集心理となって、どんどん動いていくのが為替だと考えて置いてください。

ECB高官の発言で

本日の日経平均株価は、2万2,555.43円・前日比+276.95円と大きく上昇しました。前日NY株が苦戦していたので苦しいのではと見ていたのですが、変に心配する必要はなかったようです。

ドル円は一時110.1円から109.8円にまで下がった場面があったものの、すぐに上昇。昼前には110.2円にまでつくことができました。ドル円を取り巻く状況は、正直良いとは言えません。

何かがあったのは確かかとおもいますが、単純に調整が入っただけのようです。調整でこんなに値動きがあるものかと問われると、答えに困りますが…。

一方ユーロドルはと言うと、不規則な動きが目立ちます。朝方こそは1.159ドルに付けていましたが、昼過ぎになると1.156ドルまで下落。しかし東京時間終了直前には1.157ドルまで何とか戻すことはできました。

欧州時間に大きく動いたのは、ユーロでした。

東京時間終了に1.157ドルにつけていたユーロドルは、欧州時間序盤には1.159ドルまで上昇。しかし直後ユーロドルはぐいぐい落ち込み、1.153ドルにまで下がってしまいました。その後は何とか値を戻すことはできたものの、大きく下がる前に戻すには少し時間がかかりそうです。

ユーロドルを引き下げた要因は、ECB関連イベントです。オーストリア中銀総裁のノボトニー氏は、「ユーロはドルに対して減価するとみている」と発言したことがトリガーになっています。ノボトニー氏の発言はユーロドルだけでなく、ユーロ円にも影響が出ています。ユーロ円は127.7円から、127.0円まで下落。その後127.4円にまで何とか値を戻したものの、頭は重いです。

一方ドル円はと言うと、ユーロの影響は出ているものの、110円は何とかキープしている状態です。

欧米中銀の姿勢が垣間見れた金融政策

昨日注目の欧州中央銀行による金融政策の発表がありました。そこでECBは、量的緩和を今年9月以降は月間150億ユーロに縮小すると発表しまし、そして年内に量的緩和を終了することを決定しました。

9月末までは月間300億ユーロの買入を続け、9月以降は中期インフレ見通しを確認するものとなれば、12月末までに月間150億ユーロに縮小して量的緩和を終了するとしました。

ECBの発表を受けて、ユーロドルは1.184ドルから1.164ドルまで大きく下がりました。去年11月以来の水準です。

ユーロドルを引き下げた要因は、金利の据え置きでした。ECBは量的緩和を終了させると発表しましたが、しかし追加利上げに関しては慎重になっています。この慎重さが市場に不信感を招き、ユーロドルを大きく引き下げた要因となりました。 尚ドル円は、109円から110円台へと返り咲くことができました。

各FX会社のスプレッドもタイトになっていましたが、その中でも、まだまだ安定したスプレッドを保っているのがこちらの会社だそうです→ ドル円スプレッドが狭いランキング

さてさて一方、前々日の米国FOMCは市場の予想通り、0.25%の追加利上げを決めました。そして今年の追加利上げの見通しは、今回の分も含めて4回とペースは加速すると発表されました。

声明文によると、景気について「緩やかなペースで拡大」から「堅調なペースで拡大」に上方修正。物価上昇の見通しについては、2.1%と目標を少し上回る形で推移するとのことです。

FOMCの発表を受けて、ドル円は110.4円から110.8円にまで急上昇しました。しかし直ぐに値を戻しFOMC発表前時より低い、110.3円にまで落ち込みました。

一方ユーロドルはと言うと、1.179ドルから1.172ドルまで下落。しかし直ぐに値を戻し、1.180ドル台へと返り咲くことができました。 パウエルFRB議長は利上げに関しては慎重タイプと言われていますが、動く時は動く大胆さもあるようです。

証拠金の管理術

「お金は運用次第で、増やすことが可能」なんて考えて見ませんか。

かっては、銀行預金が一番堅実なマネー運用術でしたよね。今でも不動産投資もやり方次第では、お金を増やせます。

土地の価格が上がりそうな場所を探して、その場所の不動産を取得。上がったところで売却。これが不動産投資の基本です。でも今はそれも難しくなって来ています。

次にお金を増やすには投資という手段がありますよね。これも価値が上がると見込んだ為替を買って置おくと利益を弾き出せます。そこで投資のFXですが、少ない資金でもできるということは、利益幅を大きく望んではいけません。

ですから少しずつでも証拠金は増えて行かないとFXはできません。増えた分は次の投資に使えますからね。ですから上手にFXをするには、証拠金の管理術がしっかりしてないとだめ。早い話、証拠金の何パーセントまで損失で食い止めるか、エントリー前に決めておくことが肝心です。

それはFX会社は、投資家から預かった証拠金の枠内でしか為替の売買を扱ってくれないのです。それは当然ですよね。

もし証拠金を超えた分まで扱っているとトレーダーが返せないなんて事態になると大変です。さらにトレーダー側としては、証拠金の何パーセントを割り切ったところで、FX会社からロスカット予告の連絡は大切です。

FXをやっていて証拠金がなくなったら大変で、もうそれ以上のトレードができませんからね。でも、まれにあるFXのトラブルは急激なレート変動です。

そしてロスカット報告が間に合わない時があります。自動ロスカットを依頼していれば良いのでが、そうでないと証拠金以上の損失は後で支払わなければならないのです。こんなトラブルはぜったいに避けなければなりません。

ですのである程度余裕をもった証拠金と何パーセントまで損失OKなのかを事前にちゃんと確認しておきましょう!!

各施設廃棄はパフォーマンスか?

昨夜、欧州時間に、ビッグニュースが入ってきました。北朝鮮は核実験施設の廃棄を実行したそうです。しかし本当に核を廃棄したかどうかは、正直疑わしい所が…。

なぜなら10年前にも、核施設を一度爆破しています。でも爆破廃棄はパフォーマンスで、実は別の所で核開発を続けていたのです。

つまり今回の核廃棄も、一種のパフォーマンスと見て間違いはないでしょう。 市場もパフォーマンスと見ているのか、北朝鮮の動きに関しての反応はほとんど見受けられません。むしろ影響が大きかったのが、欧州株の動きとイギリスの小売売上高の発表です。

小売売上高の結果は上々、欧州株の動きも特別良いという訳では悪くもありません。ドル円は109.3円から109.7円まで上昇し、ユーロドルも1.170ドル付近から、1.174ドルまで駆け上がりました。

予想通りのFOMC議事要旨

23日のNYダウは、52ドル高の2万4,886ドルとなりました。貿易戦争懸念により株価は重くなりましたが、FOMC議事要旨の内容を受けてプラスへと向きました。

ただドル円はリスク回避の円買いとなり、欧州時間には109.6円にまで下落。NY時間に入ると110.3円まで値を伸ばしましたが、伸び悩みの展開です。一方ユーロドルはと言うと、1.16ドル台まで下がってしまいました。

23日に発表されたユーロ圏PMI値の結果が振るわなかったこと、イタリア国債が売られたことがユーロのネガティブ材料に…。 尚注目されたFOMC議事録要旨は、特に大きなサプライズはありません。

6月利上げについて触れられていましたが、市場は既に織り込み済みです。ただFOMC議事録要旨よりも気がかりなのが、政治動向です。一体どうなってしまうのか…。

次の次の利上げは?

暑くなったり寒くなったりと、気候的に忙しい日が続いています。その中でも発表されるのが、経済指標です。さて今週の注目経済指標は?と行きたいところですが…。

今週は特に何も。 住宅関連指標の発表が相次ぎますが、余程の結果が出ない限りは市場に大きな変化はないかとおもいます。それよりも注目したいのが、本日23日に予定されているFOMCの議事録要旨です。F

OMCでは、「インフレ率は2%に近づいた」と表現。また下振れリスクを排除するなど、強気ムードです。23日の議事録要旨の内容が強気な内容となっていれば、6月利上げはほぼ間違いないでしょう。

ただ6月に利上げが実施されると仮定したら、次の次の利上げ時期です。予想としては9月頃と出ていますが、現時点では半々状態です。議事録要旨の内容によっては、9月利上げ行方が大きく変わるかもしれません。

任務完了

昨日の日経平均株価は、2万1,835.53円・前営業日比+56.79円となりました。貿易政策懸念・シリア攻撃と、マイナス要素はてんこ盛りです。

だからもっと値を下げるとおもったのですが、まさかのプラスでした。 しかしリスク警戒が、まったくなかったという訳ではありません。

株価は値動きが乏しく、様子見ムードがはっきりと出ています。また中国株や香港株も、ピリピリ状態です。当然ドル円も値下げをし、107円半ばから107円前半まで値を下げました。

状況を考えたら、106円台もあり得る展開です。でもトランプ大統領は「任務終了」と発言したこと。シリア攻撃は1回のみと強調したことが、107円台キープの材料となったようです。 ちなみにユーロドルはと言うと、1.230-1.234ドルの間の展開となっています。

それにしても世間は春、新社会人や新学生が溢れかえっていますね。春は何事も新しい気持ちにさせてくれるから大好きなのですが、あなたは新しく何かを始めようとしたときに、どうやってスタートさせますか?

仕事なら先輩が教えてくれる。でも教えてくれた通りになんて出来ないものですよね。営業マンの基本的なことは、研修で一応習得させられます。

でも、基本的なことは抑えるにしてもそこから先は結局自分で考えて仕事のスキルをアップさせるしかありません。これはFXにも言えて、基本となるのはファンダメンタル分析やテクニカル分析ですが、その技をどう生かしていくかは、自分次第。

でもあまり難しく考えるとどうやら前には行かないことが多いのです。そこから先は見よう見真似というか、色んな人のやり方から自分でできる方法を作り上げて行くことになるんですよね。

FXも4月から始める方が非常に多いと聞きます。早く自分のスタイルを見つけ出して勝ち始めると、さらにFXの奥深さにふれられるようになると思いますよ!

最新情報をゲットせよ

FXトレーダーに欠かせないのは、為替レートを動かす要因である最新情報を如何に早く入手できるかです。

為替レートを動かすものには、その国が発表する経済指標や政策金利の発表などがありますが、テレビなどのマスメディアからでは、遅いということを知っていましたか?

FXトレードの決め手は決裁タイミングに出遅れないことですから、いち早く最新の情報を得られなければならないのです。

FX会社の為替ニュースってサイト上で見たことありませんか?

FX会社によっては、最新の為替レートの動きや国が発表する経済指標や政策金利のニュースを瞬時提供しているところもあるので、そこを利用しないとFXトレードはやっていけないのです。

そして今週末の日経平均株価は、2万1,660.28円・前日比-26.82円となりました。

トランプ大統領のツイートが発端となり、ロシアとアメリカの関係が更にギクシャクとなりました。そのためリスクを避ける目的として売りが出た形となりました。

政治状況を考えたら、ドル円はもっと下がっても良いはずです。日本側も加計学園問題で政治が揺らいでおり、呑気に構えている場合ではありません。

でもドル円は106円後半で落ち着いています。ただ警戒はあるのか、107円までには伸びきれていません。

一方ユーロドルはと言うと、前日のNY時間と価格はほとんど変わりなし。1.23ドル半ばを推移しています。

ドル円とユーロドルがあまり動かないのは、材料らしい材料がないのが正直な所ではあります。

ただそれでも、落ち着き過ぎでしょ!